公立高校入試

【検証】高松高校の難易度を偏差値・ボーダー・学校順位でまとめてみた

香川県下、最難関と言われる高松高校。

とにかく偏差値が高い事で知られていますが、具体的にどのぐらい難しいのかイメージしづらいのではないでしょうか?

先生
先生
そこで今回はそんな高松高校を目指すために、必要な中学順位の目安をお話していきます。

もちろん、通っている学校によって学業レベルや基準が違うと思います。

そこでより正確な検証を行うため、今回は学校を大きく3つに分けて考えます。

  1. 香川大学教育学部附属中学校
  2. 第一学区(高松市、さぬき市、東かがわ市、小豆郡、木田郡、香川郡)の公立中学校
  3. 私立中学校

また、本記事の内容はあくまで私個人の見解であり、必ずしも現実の数値と一致する訳では無いのでご留意ください。

高松高校の基本情報

高松高校は香川県高松市にある県内トップクラスの名門進学校です。

高松高校の偏差値は71香川県内では堂々の1位、全国の公立高校順位でも123位です。

■高松高校の基本情報
偏差値71
入学定員280名
受験学区高松市、さぬき市、東かがわ市、小豆郡、木田郡、香川郡
代表的な出身中附属中・桜町中・紫雲中など

高松第一高校と並んで県内では頭1つ抜けている進学校ですが、わずかに偏差値では高松高校が上回っています。

これから高松高校の難易度をよりイメージしやすいように検証していきましょう。

高松高校で圧倒的合格シェアを誇る附属中

香川大附属中で高松高校を志望できる目安は上位90番以内だと思われます。

根拠は、香川大附属中が毎年高松高校に60~80名近くの合格者を輩出している事です。

2019年2018年2017年2016年2015年
合格者数68名59名81名65名72名
先生
先生
例年の合格者数に開きはありますが、高松高校の合格者としては圧倒的な1位です。

香川大附属中の入学定員は105名(R3年度)です。このうち60名が合格したと仮定しても進学率は57.1%になります。

この数値は驚異的で半数以上が高松高校に進学している計算となります。

上位層の中には県外・県内私立や一高(高松第一)に進学する人もいる事を考えると、附属中で90位以内が高松高校への挑戦可能ラインだと言えるでしょう。

各公立中学校の目安順位はどのぐらいか?

では、公立中学校ではどうでしょうか?

存在感を放つ「桜町」「紫雲」「太田」「木田」の公立4校

公立中で高松高校への合格者数が特に多いのは「桜町」「紫雲」「太田」「木田」の4校です。

  • 高松高校への合格者
2019年2018年2017年2016年2015年
桜町中3839413227
紫雲中3228272824
太田中2523261718
木田中21不明231716
4校合計116不明1179485
さくら
さくら
この4校だけで最近は合格者100名を超えているのですね!

高松高校の定員280名のうち、30%以上がこの4校になります。特に4校の合格者数に限れば近年は増加傾向にすらありますね。

よって以下の順位が高松高校を目指す目安となるでしょう。

  • 桜町中:上位50位以内
  • 紫雲中:上位40位以内
  • 太田中:上位30位以内
  • 木田中:上位30位以内

他の公立中学校での目指すべき順位

さくら
さくら
桜町中、紫雲中、太田中、木田中以外でも高松高校を目指す事は可能なのですか?

可能です。当4校の合格者数が多いのはそもそも生徒数が多いのも一因としてあります。ですので、他の公立中学校であっても超上位層であれば高松高校への合格は可能です。

結論から申し上げますと各学校の上位3%が高松高校の合格目安だと思われます。

以下は第一学区(高松市、さぬき市、東かがわ市、小豆郡、木田郡、香川郡)内の公立中学校の中学3生の数、またその内の3%を計算したデータです。

※小豆郡、木田郡、香川郡は通学区域が離れている事から進学率を1%として計算しています。

中3生徒数上位3%(一部1%)人数
◆高松市内
龍雲中学校287名9名
国分寺中学校237名7名
香東中学校228名7名
勝賀中学校219名7名
協和中学校214名6名
香川第一中学校200名6名
山田中学校188名6名
古高松中学校176名5名
玉藻中学校175名5名
屋島中学校173名5名
牟礼中学校153名5名
一宮中学校145名4名
高松第一中学校107名3名
香南中学校58名2名
下笠居中学校46名1名
庵治中学校33名1名
塩江中学校20名1名
男木中学校0名0名
県立香川県立高松北中学校104名3名
◆さぬき市
志度中学校129名4名
さぬき南中学校119名4名
長尾中学校104名3名
◆東かがわ市
大川中学校96名1名
白鳥中学校86名1名
引田中学校42名0名
◆小豆郡
小豆島中学校97名1名
土庄中学校90名1名
豊島中学校2名0名
◆木田郡
三木中学校233名2名
◆香川郡
直島中学校15名0名
合計3,761名100名

出典:ガッコム「香川県の公立中学校一覧」2021年9月29日時点より抜粋。

第一学区内の中学3年生の総人数がおよそ3,761名、うち上位3%(一部1%)の合計人数はちょうど100名になります。

当然、上位層の中には香川第一高校等への進学者もいますが、上位3%以内であれば自信をもって志望して良いと思います!

第一学区内の私立中学校

さて、第一学区内の私立中学校は2校です。

  • 大手前高松中学校
  • 香川誠陵中学校

出典:ガッコム「香川県の私立中学校一覧」2021年8月30日時点より抜粋。データは2020年当時のもの

中学受験を行っている生徒が中心なので教育リテラシーは高い事が伺えます。

ただし、これらの学校はいずれも中高一貫校となっておりますので、全員が高校受験を行うわけではありません。

ですので、仮に受験を考えた場合、公立中学校と違い学年順位上位10%以内に入っていれば高松高校を目指せるレベルにあるでしょう。

まとめ

以上が高松高校を目指す上での目安となる学校順位のお話でした。

ポイント
  1. 附属中は学年順位90番以内
  2. 公立中学校は学年順位上位3%(一部1%)
  3. 第一学区内の私立中学校では上位10%

これはあくまで目安数値です。

年度によって学校のレベルも違いますし、先生も違うので担任の先生やPTAでの生身の情報収集は欠かさない様にしておきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。