公立高校入試

【検証】今治西高校の難易度を偏差値・ボーダー・学校順位でまとめてみた

愛媛県、東予地区で最難関公立高校の今治西高校。

甲子園の常連校として全国で知られていますが、進学校としての地位も確立しています。

先生
先生
そこで今回はそんな今治西高校の難易度を具体的に見ていきたいと思います。

今治西高校の偏差値

今治西高校の偏差値は66です。

愛媛県内では堂々の3位、全国の公立高校順位でも526位です。

偏差値高校名
75
  • 愛光高等学校
69
  • 松山東高等学校
66
  • 今治西高等学校
  • 松山南高等学校
  • 松山南高等学校(理数科)
64
  • 新田高等学校(普通科スーパー特進コース)
63
  • 八幡浜高等学校

※「みんなの高校情報」より抜粋

県内は全体的に中予学区の進学校が多いですが、東予地区では今治西高校が頭1つ抜けていますね。

これから今治西高校の難易度をよりイメージしやすいように検証していきましょう。

今治西高校のボーダーライン|必要な得点率とは?

愛媛県の一般入試は5教科合わせて250点満点の試験です。

国語数学英語理科社会合計
配点50点50点50点50点50点250点

そして気になる今治西高校の目安ボーダーラインは一般入試で約190点以上だと言われています。

  • 普通科:200点以上〔80%以上〕

これはあくまで目安の数値です。実際のボーダーラインは年度によって違うのであくまで参考値として留めておいてくださいね。

特に愛媛県立入試は「第1・第2選抜」という2つの入試形式を実施しているので、内申点や調査書も非常に重要になってきます。

今治西高校を目指すために必要な学校順位の目安

今度は今治西高校の難易度を「中学校の目安となる順位」で説明してみましょう。

東予学区では私立中学校や国立中学校がなく、公立中学校しかありません。

そこで東予学区の公立中学校を取り上げていきます。

  1. 今治市(15校)
  2. 西条市(10校)
  3. 新居浜市(12校)
  4. 四国中央市(7校)
  5. 上島町(3校)

本記事の内容はあくまで私個人の見解であり、必ずしも現実の数値と一致する訳では無いのでご留意ください。

各公立中学校の目安順位はどのぐらいか?

では、今治西高校に合格するための公立中学での目安順位を検証していきます。

今治西高校は東予学区(今治市、西条市、四国中央市、新居浜市、越智郡上島町)が受験学区となっており一般入試の定員は276名と言われています。

よって各学校の上位10%が今治西高校の合格目安だと思われます。

以下の表は東予学区の公立中学3年生の数、またその上位7%の人数を計算したデータです。

3年生生徒数上位5%
◆今治市
西中学校186人13人
南中学校157人11人
立花中学校148人10人
日吉中学校142人10人
北郷中学校84人6人
桜井中学校78人5人
近見中学校60人4人
大西中学校59人4人
大島中学校35人2人
伯方中学校35人2人
朝倉中学校33人2人
菊間中学校27人2人
大三島中学校21人1人
玉川中学校20人1人
関前中学校1人0人
◆四国中央市
川之江南中学校150人11人
川之江北中学校126人9人
三島東中学校123人9人
土居中学校122人9人
三島西中学校93人7人
三島南中学校75人5人
新宮中学校6人0人
◆西条市
西条北中学校187人13人
東予東中学校124人9人
西条南中学校115人8人
西条東中学校106人7人
小松中学校55人4人
丹原東中学校55人4人
河北中学校51人4人
西条西中学校49人3人
東予西中学校45人3人
丹原西中学校13人1人
◆新居浜市
川東中学校164人11人
中萩中学校156人11人
南中学校154人11人
東中学校109人8人
角野中学校95人7人
西中学校77人5人
船木中学校65人5人
北中学校59人4人
泉川中学校59人4人
大生院中学校35人2人
船木中学校ひびき分校7人0人
別子中学校5人0人
◆上島町
弓削中学校22人2人
岩城中学校12人1人
魚島中学校0人0人
合計3,600人252人

出典:ガッコム「愛媛県公立中学校一覧」2021年9月25日時点より抜粋。データは2020年度のもの

こうしてみると、各中学校の上位7%をすべて足し合わせると252名になります。

ちょうど、今治西高校の残り定員数276名と近い数になりますね!

そして現実の受験では、上位者が全員今治西高校を志望する訳ではありません。

ですので、通っている公立中学校で上位10%であれば自信をもって志望して良いと思います!

まとめ

以上が今治西高校を目指す上での目安となる難易度のお話でした。

ポイント
  1. 今治西高校の偏差値は66で松山東高校に次ぐ県内の公立トップ校
  2. 県立入試でのボーダーラインは普通科80%ほど
  3. 公立中学校で上位10%以内が志望目安

最後までお読みいただきありがとうございました。